滋賀県にお祝いを贈る時に知っておきたいこと

滋賀県高島市マキノ町
日本のお祝い習慣

滋賀県の人はこんな人

天秤棒一本で全国を渡り歩き、大きな利を得た近江商人たち。「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「3よし」をモットーとし、社会貢献まで見据えた実直な商いで名を馳せました。そのDNAは後世にも受け継がれ、ワコール、大丸、日本生命、西武グループなど、名だたる大企業の創始者を輩出。倹約に努めてよく働き、貯めたお金は投資にまわすシビアな金銭感覚で「番頭は近江から、養子は奈良から」といわれ、どこでも重宝されたようです。

そんな勤勉で堅実、貯蓄好きな県民性にも、このところ変化の兆しが……というのも、近年は京都や大阪のベッドタウン化が進み、若い世代が多く移り住むようになったからです。他府県からの若い世代と土着の県民性が交わることで、今後どのような化学変化が起きるのか楽しみです。

滋賀県民のお祝い慣習

滋賀の湖北地方には、結納にまつわる「貴芽酒(きめざけ)」という風習があります。仲人が酒とするめを持って女性側の家を訪れ、結納など今後のスケジュールを相談するもので、仲人を立てない場合は新郎の父が代行します。「貴芽酒」のお返しには「お多芽(おため)」と呼ばれる昆布と美濃紙のセットを用意し、場合によっては「おうつり」という現金入りの封筒を添えることも。大阪や京都の一部にも似たような風習がみられるので、事前にしっかりリサーチしておきましょう。

胡蝶蘭を滋賀県に贈るときのポイント

胡蝶蘭を贈る際に最も気を付けたいポイントは、胡蝶蘭が長持ちするか?ということです。あなたの名前の付いた胡蝶蘭が枯れているのを想像してみてください。たくさん並んでいるお花の中で自分の贈った胡蝶蘭が枯れていると悲しいですよね。ここでは長持ちする胡蝶蘭の最も重要なポイントをお伝えします。

産地直送で滋賀に胡蝶蘭を贈る

皆さんが普段、見かけるお花屋さんは通常市場へ出荷されたお花を仕入れて、一般のお客様に販売をしています。 国内で販売される胡蝶蘭やお祝い花の約85%以上は市場を経由しており、生産者⇒市場⇒卸売⇒小売店(花屋)という流通過程で新鮮さが失われ、お客様に届けられた花は日持ちせず、花本来の美しさを楽しんでいただける期間が限られてしまいます。一般的な花店で安く売られている胡蝶蘭もありますが、 スペースの問題やいつ売れるかわからない在庫リスク のためにどうしてもベストのタイミングで胡蝶蘭を提供できず、長く持たない低品質の胡蝶蘭の可能性があります。そこで胡蝶蘭を選ぶなら、産地直送に対応したネット通販がベストということになります。

おすすめの直送通販サイト

こちらでは、生産者が直送してくれる通販サイトの中でも送料梱包・ラッピング・名入れが無料で行える 京都花室 御むろをおすすめします。御むろでは、産地直送モデルを導入することで、高品質のギフト胡蝶蘭・お祝い花を新鮮な状態で、かつ適切な価格で配送することを可能にしています。

滋賀県で胡蝶蘭を受け取ったら

胡蝶蘭が快適な環境=人間が快適だと思う環境です。温度は、 18℃~25℃が理想です。 最低で5℃、最高で30℃が限界です。できるだけ一定の 温度を保ちましょう。秋・冬は特に乾燥するため、加湿器 などで湿度が下がりすぎないよう調整してください。 胡蝶蘭のお手入れの方法はこちらで詳しく解説しています。ぜひチェックしてみてください。

滋賀で胡蝶蘭を屋外で育てる時の注意点

滋賀の気候

積雪量の最高記録は意外なことに滋賀県の伊吹山、この記録は、世界山岳気象観測史上1位としてギネスにも登録されているほどです。日本海と琵琶湖を通る湿った空気が大雪をもたらす豪雪地帯です。

滋賀(彦根)の気候
滋賀(彦根)の気候

出典:気象庁ホームページ

冬は屋内でその他の季節は、遮光を忘れずに

胡蝶蘭は、熱帯に生息している植物ですので暖かい温暖な気候を好みます。ですが直射日光が苦手なので日の当たる場所での育成には、遮光用ネット等を用いて、日差しを遮るよう工夫してください。また冬の時期は、最低気温が10℃を下回ることもありますので。冬場は屋内での育成をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか? 滋賀のお祝い事情とお祝いギフトにぴったりの胡蝶蘭情報についてまとめました。滋賀でのお祝い事にぜひ役立ててみてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧