東京都にお祝いを贈る時に知っておきたいこと

東京タワー夜景
日本のお祝い習慣

東京の人はこんな人

日本経済と文化の中心地、首都・東京。全国からあらゆるタイプの人間が集まるため、「これぞ東京人」と定義するのは困難ですが、一般的には「個人主義的な八方美人タイプ」が多いようです。というのも、巨大な都市で多様な人たちと暮らすには、適度に話を合わせる柔軟性や、ほどほどの距離感を計る洞察力が求められたため。結果的に、ドライな個人主義が浸透したと考えられます。一方で生粋の東京都民には気さくな人が多く、一括りに「東京人=クールな都会人」と決めつけられるのを嫌う傾向が。もともと江戸幕府樹立後に移住した人の中には、江戸城増築のため全国から集められた職人が多く、下町に住み着いた彼らが「江戸っ子」のルーツとなりました。つまり、義理人情に厚く面倒見のいい江戸っ子気質とは、元を辿れば彼ら下町に住む職人たちの気質だったのです。

東京都民のお祝い慣習

全国的にお盆といえば8月13日から16日までの旧盆に行うのが一般的。ところが東京を中心とした一部地域では、新盆の7月半ばにお盆の行事が行われます。地域によりさまざまな「お迎え・送り出し」の風習がありますが、東京では7月15日前後に祭りや花火大会、縁日などが開催され、靖国神社の「みたままつり」では、大小3万個もの提灯がお盆の夜を彩ります。 

胡蝶蘭を東京に贈るときのポイント

胡蝶蘭を贈る際に最も気を付けたいポイントは、胡蝶蘭が長持ちするか?ということです。あなたの名前の付いた胡蝶蘭が枯れているのを想像してみてください。たくさん並んでいるお花の中で自分の贈った胡蝶蘭が枯れていると悲しいですよね。ここでは長持ちする胡蝶蘭の最も重要なポイントをお伝えします。

産地直送で東京に胡蝶蘭を贈る

皆さんが普段、見かけるお花屋さんは通常市場へ出荷されたお花を仕入れて、一般のお客様に販売をしています。 国内で販売される胡蝶蘭やお祝い花の約85%以上は市場を経由しており、生産者⇒市場⇒卸売⇒小売店(花屋)という流通過程で新鮮さが失われ、お客様に届けられた花は日持ちせず、花本来の美しさを楽しんでいただける期間が限られてしまいます。一般的な花店で安く売られている胡蝶蘭もありますが、 スペースの問題やいつ売れるかわからない在庫リスク のためにどうしてもベストのタイミングで胡蝶蘭を提供できず、長く持たない低品質の胡蝶蘭の可能性があります。そこで胡蝶蘭を選ぶなら、産地直送に対応したネット通販がベストということになります。

おすすめの直送通販サイト

こちらでは、生産者が直送してくれる通販サイトの中でも送料梱包・ラッピング・名入れが無料で行える 京都花室 御むろをおすすめします。御むろでは、産地直送モデルを導入することで、高品質のギフト胡蝶蘭・お祝い花を新鮮な状態で、かつ適切な価格で配送することを可能にしています。

東京で胡蝶蘭を受け取ったら

胡蝶蘭が快適な環境=人間が快適だと思う環境です。温度は、 18℃~25℃が理想です。 最低で5℃、最高で30℃が限界です。できるだけ一定の 温度を保ちましょう。秋・冬は特に乾燥するため、加湿器 などで湿度が下がりすぎないよう調整してください。 胡蝶蘭のお手入れの方法はこちらで詳しく解説しています。ぜひチェックしてみてください。

東京で胡蝶蘭を屋外で育てる時の注意点

東京の気候

東京の夏は高温多湿、冬は北西の季節風が強く乾燥した晴天の日が多い。年平均気温は約15度、年降雨量は都心部で1500mm前後である。地表面の人工化や人口排熱の増加などが原因となり都市の気温が周辺の郊外に比べて高くなるヒートアイランド現象がみられる。夏には明け方の最低気温が25度以下にならない熱帯夜も多くなっている。

東京の気候
東京の気候

出典:気象庁ホームページ

冬は屋内でその他の季節は、遮光を忘れずに

胡蝶蘭は、熱帯に生息している植物ですので暖かい温暖な気候を好みます。ですが直射日光が苦手なので日の当たる場所での育成には、遮光用ネット等を用いて、日差しを遮るよう工夫してください。また冬の時期は、最低気温が5℃を下回ることもありますので。冬場は屋内での育成をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか? 東京のお祝い事情とお祝いギフトにぴったりの胡蝶蘭情報についてまとめました。東京でのお祝い事にぜひ役立ててみてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧