愛媛県にお祝いを贈る時に知っておきたいこと

愛媛県 下灘駅
日本のお祝い習慣

愛媛県の人はこんな人

温暖な気候の瀬戸内海に沿って細長く伸びる愛媛県。県民も穏やかでのんびりしており、何事も中庸を好む「ほどほど気質」が顕著です。変化を求めず、ほどほどの安泰を望むため「地元でずっと生活したい」と考える人が多く、グローバル志向の野心家は稀。趣味や娯楽に多くの時間とお金を費やし、狭い人間関係の中で地に足の着いた生活を営むのが何より幸せと考えます。人付き合いには慎重で、なかなか本音を見せないため「何を考えているか分からない」と言われることもありますが、根は陽気で気のいい人たち。まずは自ら胸襟を開き、己の手の内をさらけ出すことで、徐々に信用を勝ち取りましょう。ちなみに香川寄りの東予は勤勉で要領よしの商人気質、高知寄りの南予は情熱的な南国気質という違いがみられます。

愛媛県民のお祝い慣習

愛媛県民にとって毎年2月4日は「少年の日」。県内各地の中学校では「少年式」と呼ばれる、年祝いの記念行事が行われます。愛媛県民にとっては成人式と同じくらいポピュラーな催しで、愛媛県固有の行事だと知らない人も多いとか。式典自体はオーソドックスなものですが、「〇kmウォーク」「〇〇講座」「〇〇講演会」など、地域や学校によってさまざまなプログラムが組まれる場合も。スタートしてから50年以上の時を経て、愛媛では誰もが知る年中行事としてすっかり定着しています。

胡蝶蘭を愛媛県に贈るときのポイント

胡蝶蘭を贈る際に最も気を付けたいポイントは、胡蝶蘭が長持ちするか?ということです。あなたの名前の付いた胡蝶蘭が枯れているのを想像してみてください。たくさん並んでいるお花の中で自分の贈った胡蝶蘭が枯れていると悲しいですよね。ここでは長持ちする胡蝶蘭の最も重要なポイントをお伝えします。

産地直送で愛媛に胡蝶蘭を贈る

皆さんが普段、見かけるお花屋さんは通常市場へ出荷されたお花を仕入れて、一般のお客様に販売をしています。 国内で販売される胡蝶蘭やお祝い花の約85%以上は市場を経由しており、生産者⇒市場⇒卸売⇒小売店(花屋)という流通過程で新鮮さが失われ、お客様に届けられた花は日持ちせず、花本来の美しさを楽しんでいただける期間が限られてしまいます。一般的な花店で安く売られている胡蝶蘭もありますが、 スペースの問題やいつ売れるかわからない在庫リスク のためにどうしてもベストのタイミングで胡蝶蘭を提供できず、長く持たない低品質の胡蝶蘭の可能性があります。そこで胡蝶蘭を選ぶなら、産地直送に対応したネット通販がベストということになります。

おすすめの直送通販サイト

こちらでは、生産者が直送してくれる通販サイトの中でも送料梱包・ラッピング・名入れが無料で行える 京都花室 御むろをおすすめします。御むろでは、産地直送モデルを導入することで、高品質のギフト胡蝶蘭・お祝い花を新鮮な状態で、かつ適切な価格で配送することを可能にしています。

愛媛県で胡蝶蘭を受け取ったら

胡蝶蘭が快適な環境=人間が快適だと思う環境です。温度は、 18℃~25℃が理想です。 最低で5℃、最高で30℃が限界です。できるだけ一定の 温度を保ちましょう。秋・冬は特に乾燥するため、加湿器 などで湿度が下がりすぎないよう調整してください。 胡蝶蘭のお手入れの方法はこちらで詳しく解説しています。ぜひチェックしてみてください。

愛媛で胡蝶蘭を屋外で育てる時の注意点

愛媛の気候

愛媛県内の年平均気温は16℃前後で、内陸の山間部に入るに従い気温は下がり12~15℃となります。

 真夏日(最高気温が30℃以上)の年間の日数は、海に近い長浜・瀬戸及び山間部の久万で30日程度ですが、松山・宇和島では60日を超え、盆地にある大洲では70日に達します。

 一方、冬日(最低気温が0℃未満)の年間の日数は、沿岸部の松山南吉田(松山空港)・四国中央・長浜・瀬戸で10日未満と少ないのに対し、南予の宇和・近永では50日程度と多く、山間部の久万では90日に達します。

愛媛(松山)の気候

出典:気象庁ホームページ

冬は屋内でその他の季節は、遮光を忘れずに

胡蝶蘭は、熱帯に生息している植物ですので暖かい温暖な気候を好みます。ですが直射日光が苦手なので日の当たる場所での育成には、遮光用ネット等を用いて、日差しを遮るよう工夫してください。また冬の時期は、最低気温が10℃を下回ることもありますので。冬場は屋内での育成をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか? 愛媛のお祝い事情とお祝いギフトにぴったりの胡蝶蘭情報についてまとめました。愛媛でのお祝い事にぜひ役立ててみてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧