奈良県にお祝いを贈る時に知っておきたいこと

奈良 春日社 鹿
日本のお祝い習慣

奈良県の人はこんな人

「養子は奈良から」「奈良のふたつ返事」「奈良の寝倒れ」など、さまざまな言葉で形容される奈良気質。これらの諺(ことわざ)は、どこにでもすぐに馴染める順応性の高さや、どんな時でもマイペースを崩さない彼らの性格を表します。京都をも凌ぐ歴史の長さや温暖で災害の少ない環境のせいか、奈良には独自の「奈良時間」が流れるかのよう。まさに憧れの「スローライフ」を実践する奈良県民ですが、時にその保守ぶりが「向上心に欠ける」「現状維持志向」と批判されることも。確かに労働時間、社長輩出数ともに全国下位で、新しいことに挑戦するのも苦手。とはいえ、そんな批判はどこ吹く風。何を言われようと我関せずなマイペースさこそ、奈良県民たる所以なのです。

奈良県民のお祝い慣習

かつて都が置かれていた奈良には、今も数多くの神事や法会が残っています。「立山」と呼ばれる人型の作りものを使った厄落とし儀式もそのひとつ。平城京跡大朱雀ひろば周辺で毎年1月に開かれる「大立山まつり」では、四天王をモチーフとした約7メートルもの「大立山」が祭を大いに盛り上げます。 奈良名物として有名な柿の葉寿司は、もともとハレの日のごちそうとして、婚礼や長寿を祝う宴席などでふるまわれていました。とはいえ当時の柿の葉寿司は、ひと月ほど発酵させた「なれ寿司」で、現在のそれとはかなり異なるものだったそう。時を経て作り方は大きく変わりましたが、今も柿の葉寿司はブライダルの引き出物や内祝い、各種お祝いのギフトとして重宝されています。

胡蝶蘭を奈良県に贈るときのポイント

胡蝶蘭を贈る際に最も気を付けたいポイントは、胡蝶蘭が長持ちするか?ということです。あなたの名前の付いた胡蝶蘭が枯れているのを想像してみてください。たくさん並んでいるお花の中で自分の贈った胡蝶蘭が枯れていると悲しいですよね。ここでは長持ちする胡蝶蘭の最も重要なポイントをお伝えします。

産地直送で奈良に胡蝶蘭を贈る

皆さんが普段、見かけるお花屋さんは通常市場へ出荷されたお花を仕入れて、一般のお客様に販売をしています。 国内で販売される胡蝶蘭やお祝い花の約85%以上は市場を経由しており、生産者⇒市場⇒卸売⇒小売店(花屋)という流通過程で新鮮さが失われ、お客様に届けられた花は日持ちせず、花本来の美しさを楽しんでいただける期間が限られてしまいます。一般的な花店で安く売られている胡蝶蘭もありますが、 スペースの問題やいつ売れるかわからない在庫リスク のためにどうしてもベストのタイミングで胡蝶蘭を提供できず、長く持たない低品質の胡蝶蘭の可能性があります。そこで胡蝶蘭を選ぶなら、産地直送に対応したネット通販がベストということになります。

おすすめの直送通販サイト

こちらでは、生産者が直送してくれる通販サイトの中でも送料梱包・ラッピング・名入れが無料で行える 京都花室 御むろをおすすめします。御むろでは、産地直送モデルを導入することで、高品質のギフト胡蝶蘭・お祝い花を新鮮な状態で、かつ適切な価格で配送することを可能にしています。

奈良県で胡蝶蘭を受け取ったら

胡蝶蘭が快適な環境=人間が快適だと思う環境です。温度は、 18℃~25℃が理想です。 最低で5℃、最高で30℃が限界です。できるだけ一定の 温度を保ちましょう。秋・冬は特に乾燥するため、加湿器 などで湿度が下がりすぎないよう調整してください。 胡蝶蘭のお手入れの方法はこちらで詳しく解説しています。ぜひチェックしてみてください。

奈良で胡蝶蘭を屋外で育てる時の注意点

奈良の気候

奈良県の気候は概ね温暖ですが、北部の北西部大和盆地では内陸性気候、北部の北東部大和高原では内陸性気候と山岳性気候の特徴を有し、気温の日較差が大きく、夏は暑く、冬は寒くなります。

奈良の気候
奈良の気候

出典:気象庁ホームページ

冬は屋内でその他の季節は、遮光を忘れずに

胡蝶蘭は、熱帯に生息している植物ですので暖かい温暖な気候を好みます。ですが直射日光が苦手なので日の当たる場所での育成には、遮光用ネット等を用いて、日差しを遮るよう工夫してください。また冬の時期は、最低気温が10℃を下回ることもありますので。冬場は屋内での育成をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか? 奈良のお祝い事情とお祝いギフトにぴったりの胡蝶蘭情報についてまとめました。奈良でのお祝い事にぜひ役立ててみてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧