大分県に胡蝶蘭を贈る時のポイント

大分県原尻の滝
日本のお祝い習慣

大分県の人はこんな人

明治になり、8つの藩が合併して誕生した大分県。合併後も藩としての意識が強く、互いにいがみ合い対立してきた歴史があります。そのため県全体としてのまとまりに欠け、いわゆる「赤猫根性」と呼ばれる不名誉な気質が育まれました。赤猫根性とは「利己的で協調性がなく、足を引っ張り合う性質」のこと。シャイで口下手、社交性にも乏しいため、排他的な印象を与えてしまうこともありますが、同郷同士だからといって結束が強いかといえばさにあらず。自立心が強く、個人主義的な傾向が強いため、群れて行動することは少ないようです。そんなクールな大分県民が交流を深める場として通うのが「温泉」です。大分は源泉の数、湧出量ともに日本一。市営の温泉が数多くあり、入浴料金も格安なため、日頃から気楽に温泉を利用します。裸同士の付き合いの中で、良好な関係を築いていきましょう。

大分県民のお祝い慣習

赤色が災いや邪気を払うと信じられ、古来より厄除けとして食べられてきた赤飯。今でもお祝いごとやおめでたい席に欠かせない一品ですが、大分県臼杵市では赤飯の代わりに「黄飯(おうはん)」と呼ばれる黄色いごはんが振る舞われます。ポルトガルとの交易が盛んだったことから、パエリアを模して作られたという説や、キリシタン大名が宣教師から教わったという説、贅沢品だった赤飯の代わりに広まった説など、由来については諸説あります。クチナシを使ってごはんを黄色く色付けし、ごぼうや人参などの野菜を煮込んだ「かやく」をかけて食べるもので、大みそかに大量に作り、正月料理として楽しむことも。以前は各家庭で作っていましたが、最近はスーパーなどでも手に入ります。

胡蝶蘭を大分県に贈るときのポイント

胡蝶蘭を贈る際に最も気を付けたいポイントは、胡蝶蘭が長持ちするか?ということです。あなたの名前の付いた胡蝶蘭が枯れているのを想像してみてください。たくさん並んでいるお花の中で自分の贈った胡蝶蘭が枯れていると悲しいですよね。ここでは長持ちする胡蝶蘭の最も重要なポイントをお伝えします。

産地直送で大分に胡蝶蘭を贈る

皆さんが普段、見かけるお花屋さんは通常市場へ出荷されたお花を仕入れて、一般のお客様に販売をしています。 国内で販売される胡蝶蘭やお祝い花の約85%以上は市場を経由しており、生産者⇒市場⇒卸売⇒小売店(花屋)という流通過程で新鮮さが失われ、お客様に届けられた花は日持ちせず、花本来の美しさを楽しんでいただける期間が限られてしまいます。一般的な花店で安く売られている胡蝶蘭もありますが、 スペースの問題やいつ売れるかわからない在庫リスク のためにどうしてもベストのタイミングで胡蝶蘭を提供できず、長く持たない低品質の胡蝶蘭の可能性があります。そこで胡蝶蘭を選ぶなら、産地直送に対応したネット通販がベストということになります。

おすすめの直送通販サイト

こちらでは、生産者が直送してくれる通販サイトの中でも送料梱包・ラッピング・名入れが無料で行える 京都花室 御むろをおすすめします。御むろでは、産地直送モデルを導入することで、高品質のギフト胡蝶蘭・お祝い花を新鮮な状態で、かつ適切な価格で配送することを可能にしています。

大分県で胡蝶蘭を受け取ったら

胡蝶蘭が快適な環境=人間が快適だと思う環境です。温度は、 18℃~25℃が理想です。 最低で5℃、最高で30℃が限界です。できるだけ一定の 温度を保ちましょう。秋・冬は特に乾燥するため、加湿器 などで湿度が下がりすぎないよう調整してください。 胡蝶蘭のお手入れの方法はこちらで詳しく解説しています。ぜひチェックしてみてください。

大分で胡蝶蘭を屋外で育てる時の注意点

大分の気候

九州山地の北側に位置する九州北部は、日本海側の気候帯に属すると思っている人が少なくないようです。実際、冬型の気圧配置になると曇天になることが多く、雪が降ることもあります。11月から3月の冬の時期には気温が10度を下回ることが多くなります。

大分の気候
大分の気候

出典:気象庁ホームページ

冬は屋内でその他の季節は、遮光を忘れずに

胡蝶蘭は、熱帯に生息している植物ですので暖かい温暖な気候を好みます。ですが直射日光が苦手なので日の当たる場所での育成には、遮光用ネット等を用いて、日差しを遮るよう工夫してください。また冬の時期は、最低気温が10℃を下回ることもありますので。冬場は屋内での育成をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか? 大分のお祝い事情とお祝いギフトにぴったりの胡蝶蘭情報についてまとめました。大分でのお祝い事にぜひ役立ててみてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧