京都府にお祝いを贈る時に知っておきたいこと

京都仁和寺
日本のお祝い習慣

京都府の人はこんな人

プライドの高さでは他の追随を許さない誇り高き京都人。京都市以外の市町村が「京都」を名乗るのを苦々しく思い、市内を「洛中」と「洛外」とで厳格に区別する彼らにとっては、東京人ですら粗野で武骨な「東(あずま)えびす」。ましてやレンタル着物で観光地に繰り出し、人気店の前に行列を作る観光客に対しては言わずもがな……。とはいえ表面上は愛想が良く、むしろ親しみすら感じさせるのが、京都人の恐ろしいところ。京都特有の言い回しにも注意が必要で、額面通りに受け取ると大恥をかくことも。ちなみに「ほな、考えときます」は「お断り」の決まり文句なので、誤解のないように。柔らかい京言葉で発せられる高難易度の「いけず」には、くれぐれもご注意を。

京都府民のお祝い慣習

京都や大阪には数え年13の男女が晴れ着に身を包み、虚空蔵菩薩様にお参りする「十三参り」と呼ばれる年祝いがあります。別名「知恵もうで」「知恵もらい」ともいい、「宇宙のように広大な英知を持つ仏様」から知恵を授けてもらうため、京都では嵐山の法輪寺にお参りします。このとき気を付けなくてはいけないのが、「渡月橋を渡り終えるまで、決して後ろを振り向かない」こと。振り向くと、せっかく授かった知恵を落としてしまうといわれており、お参りを終えた子どもたちは緊張した面持ちで渡月橋を渡っていきます。

胡蝶蘭を京都府に贈るときのポイント

胡蝶蘭を贈る際に最も気を付けたいポイントは、胡蝶蘭が長持ちするか?ということです。あなたの名前の付いた胡蝶蘭が枯れているのを想像してみてください。たくさん並んでいるお花の中で自分の贈った胡蝶蘭が枯れていると悲しいですよね。ここでは長持ちする胡蝶蘭の最も重要なポイントをお伝えします。

産地直送で京都に胡蝶蘭を贈る

皆さんが普段、見かけるお花屋さんは通常市場へ出荷されたお花を仕入れて、一般のお客様に販売をしています。 国内で販売される胡蝶蘭やお祝い花の約85%以上は市場を経由しており、生産者⇒市場⇒卸売⇒小売店(花屋)という流通過程で新鮮さが失われ、お客様に届けられた花は日持ちせず、花本来の美しさを楽しんでいただける期間が限られてしまいます。一般的な花店で安く売られている胡蝶蘭もありますが、 スペースの問題やいつ売れるかわからない在庫リスク のためにどうしてもベストのタイミングで胡蝶蘭を提供できず、長く持たない低品質の胡蝶蘭の可能性があります。そこで胡蝶蘭を選ぶなら、産地直送に対応したネット通販がベストということになります。

おすすめの直送通販サイト

こちらでは、生産者が直送してくれる通販サイトの中でも送料梱包・ラッピング・名入れが無料で行える 京都花室 御むろをおすすめします。御むろでは、産地直送モデルを導入することで、高品質のギフト胡蝶蘭・お祝い花を新鮮な状態で、かつ適切な価格で配送することを可能にしています。

京都で胡蝶蘭を受け取ったら

胡蝶蘭が快適な環境=人間が快適だと思う環境です。温度は、 18℃~25℃が理想です。 最低で5℃、最高で30℃が限界です。できるだけ一定の 温度を保ちましょう。秋・冬は特に乾燥するため、加湿器 などで湿度が下がりすぎないよう調整してください。 胡蝶蘭のお手入れの方法はこちらで詳しく解説しています。ぜひチェックしてみてください。

京都で胡蝶蘭を屋外で育てる時の注意点

京都の気候

京都は、降水量が多く、梅雨期は約 230 ㎜と多雨である。また年平均気温は 16℃ほどだが、盆地という地形から夏は蒸し暑く、冬は「京の底冷え」といわれるほど冷え込み、寒暖の差が激しい地域です。

京都の気候
京都の気候

出典:気象庁ホームページ

冬は屋内でその他の季節は、遮光を忘れずに

胡蝶蘭は、熱帯に生息している植物ですので暖かい温暖な気候を好みます。ですが直射日光が苦手なので日の当たる場所での育成には、遮光用ネット等を用いて、日差しを遮るよう工夫してください。また冬の時期は、最低気温が10℃を下回ることもありますので。冬場は屋内での育成をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか? 京都のお祝い事情とお祝いギフトにぴったりの胡蝶蘭情報についてまとめました。京都でのお祝い事にぜひ役立ててみてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧